FC2ブログ

あさぺちとFootball Manager

2018 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

快進撃

2013/06/01(Sat) 12:50

WS000172

WS000173

WS000174

WS000175

WS000176

就任緒戦は4位ナポリが相手。FM会最強クラスのストライカー、エディンソン・カバーニは故障のため不在。とはいえ代表級選手を多く揃える強豪であります。


WS000177

「9人のナポリを破る」とあるけど11人のときから圧倒していました。ナポリ相手にこれだけやれるということは、うまくやれば欧州大会圏内狙えるなと再確認。


WS000178

WS000179

WS000180

WS000181

13位ボローニャと対戦。前節の勢いを持ち込みたいところ。注目選手はイタリア代表でおなじみディアマンティ&ジラルディーノ。


WS000182

ジラルディーノ相手にラツィオDF大崩壊。厳しくマークさせたつもりが逆効果か・・・?


WS000183

WS000184

WS000185

降格圏に沈む19位シエナをホームに迎えて対戦。攻撃的な4-3-3でスタート。サクッと勝って勝ち点積みましょうね~


WS000186

思ったほど点差はつけられなかったが、完勝といっていい出来。一部主力を休ませることもできた。


WS000187

WS000188

WS000189

WS000190

WS000191

やってきましたローマダービー。ここを勝てればサポーターからの信頼も得られるはず。引き続き攻撃的システムでスタートからいきます。なおトッティは負傷にて欠場。


WS000192

ダービー勝利!移籍したい病発病中のレデスマが大活躍でございます。売るにしても安売りはしないつもり。


WS000193

WS000194

WS000195

WS000196

9位カターニャ戦。サクサクいこう。


WS000197

うーん、なかなかうまくいかないもんだなあ。勝てばEL圏内が見えていたんだけど。


WS000198

WS000199

WS000200

WS000201

2連勝中の7位ジェノア戦。上位を窺うためにはこのくらいの順位の相手を確実に叩かなければなりませんね。


WS000202

4-4-2ならスタメン候補のフロッカリが猛烈アピール。1トップ時のファーストチョイスはそれでもクローゼだけど、2トップ採用時は積極的に起用していきたいです。


WS000203

WS000204

WS000205

WS000206

WS000207

シーズン序盤は首位だったがここ3試合1点も取れていない不調ミランと対戦。不調とはいえまだ3位なんですけどね・・・。


WS000208

コンパクトな守備からカウンター一閃!アウェイで貴重な勝利!


WS000209

この試合で敗北したことからミランのアッレグリ監督が解任されてしまいました。アンチェッロティが戻ってくるかもとのことです。


WS000210

WS000211

WS000212

WS000213

WS000214

ヨーロッパリーグ決勝トーナメントでございます。相手はバスクの雄アスレチック・ビルバオ。最大目標はリーグでのCL圏内だけど、ELのタイトルもぜひ狙いたい。


WS000215

アウェイゴール2点を許し敗北。セカンドレグは攻めまくるか・・・。


WS000216

WS000217

WS000218

WS000219

中2日でのトリノ戦。ELセカンドレグのためにメンバーを落としています。


WS000220

エデルソン大活躍。控え組にとって良いアピールになったのではないでしょうか。


WS000221

WS000222

攻めて攻めて得点するしか突破口のないセカンドレグ。はじめから攻撃的に。前節リーグ戦で大活躍のエデルソンはスーパーサブとして使いたい。


WS000223

勝ったーーーーー!!!ルリッチハットトリック!壮絶な闘いを制したラツィオがベスト16進出!なおトーナメント2ラウンドの相手はポルトガルのベンフィカ。


WS000224

ブレーメン時代には見ることの出来なかったこの緑丸の数。首位ナポリとの勝ち点差はわずか8。ひょっとしたらひょっとするかも・・・。

スポンサーサイト
FM2013 コメント:0 トラックバック:0

まだだ、まだ終わらんよ

2013/05/26(Sun) 23:07

WS000165

ブレーメンの監督として闘い、志半ばで解任された日よりわずか1週間。サンダーランド、グロイター・フュルト、クルゼイロより監督オファーを受けました。(経歴:元代表選手最高や!職には困らんで!)
そのようなオファーの中から私が選択したのは、セリエAの強豪、ラツィオ!


WS000166

有名選手がズラリ。特に中盤選手の質はリーグでも上位ですね。あとフォワードも良い。
ただ、左サイドバックの選手層に不安。あまり3バックは使わないしなあ。


WS000167

WS000168

WS000169

WS000170

ラツィオの中心選手たち。この他にも各国代表級の選手が揃っております。


WS000171

現在ラツィオは一試合少ない13位。この状況で前任者のペトコビッチは解任されたのか・・・。まだ巻き返せる位置じゃんねえ。オラ、すっげぇ不安になってきたぞ!目標はEL圏内。今度こそ解任されないよう頑張ります。

FM2013 コメント:0 トラックバック:0

そして伝説へ

2013/05/25(Sat) 19:25

WS000150

WS000151

WS000152

現在14位で現実では降格してしまったフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦。元ウクライナ代表のヴォロニンが得点を量産中。


WS000153

そのヴォロニンのゴールで沈められる。勝つべき内容だったがなあ・・・。


WS000154

WS000155

WS000156

11位と健闘中のグロイター・フュルト戦。戦力的には勝つべき相手。ホームだしね。


WS000157

2試合連続で「運動量豊富な○○に敗北」。もっと必死にならないとよぉ・・・。余裕ぶってる立場じゃないんやで。


WS000158

WS000159

WS000160

WS000161

WS000162

WS000163




バイエルンに負けず劣らずの好メンバーを揃えるボルシア・ドルトムント戦。フォメ画像は4-1-2-1-2ですが、実際は4-1-4-1で守備的に入りました。


ドルトムントの圧力は強く、なかなかカウンターを繰り出せません。それどころか前半だけで2点のビハインドを背負う絶望的な状況。


ハーフタイム。プレッシャーはない、気負わず戦えと伝えられ士気上がる選手たち。さらに守備的な4-1-4-1から攻撃的な4-2-3-1に変更。ブレーメンといえば攻撃的サッカー。何を怖がっていたのか。自分たちのポリシーすら忘れていては戦えないのは明白だった。


ここからが勝負だ














WS000164

3連敗で解任。ざんねん!わたしのぼうけんはここでおわってしまった!

FM2013 コメント:0 トラックバック:0

楽隊復活?

2013/05/23(Thu) 23:22

WS000123

WS000124

WS000125

WS000126

WS000127

バイエルン、ドルトムントに次ぐドイツ第3の強豪として毎年CL圏内を狙っているレバークーゼンとの対戦。日本の細貝はベンチ外。現実ではアウクスブルク時代の恩師ルフカイの率いるヘルタ・ベルリンに完全移籍しましたね。出場機会は間違いなく増えるでしょうし、活躍してほしいなと思います。


WS000128

得点者はいつもプレードル。得点源がDFってのもどうかと思いますがね。


WS000129

WS000130

WS000131

最下位アウクスブルクとの対戦。この試合からフォーメーションを変更し、また攻撃一辺倒のメンタリティをやや守備的に変更しています。だって勝てないんだもの。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンの韓国人コンビが所属していますね。


WS000132

先制されたときはどうなるかと思いましたが、攻撃的な選手を途中投入し逆転。逆転後は特に危ないシーンもなく完勝でした。


WS000133

WS000134

WS000135

WS000136

戦力の割りに苦戦が続いている15位ボルシアMGとの一戦。マイク・ハンケは結構好きな選手。


WS000137

先制されその後追いつくが、なかなかチャンスをものにできず。うーん、歯がゆい。


WS000138

WS000139

WS000140

WS000141

言わずと知れた日本代表キャプテン長谷部誠の所属するヴォルフスブルクが相手。この試合では右サイドバックでの起用。その他ジエゴやイバン・ペリシッチ等実力のある選手がずらり。


WS000142

完全に勝てた試合なんだけどなあ。負けないのはいいことだけど、もう少し勝ちきらないと勝ち点をうまく稼げないよ・・・。


WS000143

WS000144

WS000145

WS000146

現実では最終節にてドルトムントに勝利し、何とか自動降格圏を脱したホッフェンハイム。現実の入れ替え戦ではカイザースラウテルンとの対戦ですよ。見逃せません。


WS000147

ついにキタ!完封勝ちでございます。相手GKゴメスの神セーブにより思ったほどの得点は挙げられなかったものの、守備が安定してきたのは朗報。


WS000148

WS000149

11月は無敗で駆け抜けたブレーメン。現在7位。今後も安定した戦いを続けることができれば、欧州大会圏内は入れるのではないかな~と甘い見解w

FM2013 コメント:0 トラックバック:0

ザル守備とは

2013/05/21(Tue) 21:40

WS000078

リーグ初勝利を目指して、フライブルクをホームに迎えます。

WS000079

WS000080

WS000081

WS000082



WS000083

スクショ撮るの忘れてたので画像がいつもと違いますが・・・。2-2ドローで初勝利ならず。
現実でも好調なフライブルク、ゲーム内でもなかなかの強敵でした。


WS000084

は?(威圧)
この後、罰金&U23チームへ降格させ、移籍リストに入れるという制裁。なお買い手がつく気配がなく、本人も謝ってきたのでトップチームには合流させました。


WS000085

4位と好調なシュツットガルトとの対戦。日本人選手も所属しております。
ちなみに、我がブレーメンは現在セレッソ大阪の柿谷曜一朗にスカウトを送っており、契約切れを待って(鬼畜)獲得を考えています。現実では許さない・・・。


WS000086

WS000087

WS000088

WS000089

岡崎はベンチ外。


WS000090

勝つべき試合でしたが・・・。まだ勝利は遠い。


WS000091

どんどんいきます。このフランクフルトも現実では好調で、昇格1年目にもかかわらず欧州大会圏内でフィニッシュしました。


WS000092

WS000093

WS000094

スクショ撮影に失敗していますが・・・。乾の評価が高いですね~。もう少し左足の精度が上がるか、シュートがうまくなれば真のワールドクラスに近づけるのではと思っています。あとは好不調の波を少なく。


WS000095

壮絶な殴り合いを制して初勝利!ブレーメンではペーターゼン、相手はラキッチがハットトリック。


WS000096

初得点を挙げた新戦力のエドゥアルド・ダシウバ。勝利意欲が高く、途中出場でも活きます。


WS000097

WS000098

WS000099




WS000100

何も書くことがないくらいの塩試合。一応点は取り合ったけどね。ハイライト進むのが早すぎた。


WS000101

清武、金崎が所属するニュルンベルクと対戦。相手は下位。完勝といきたいところ。


WS000102

WS000103

WS000104

清武もかなり評価されているかなと。ややフィジカルに問題ありですが。ブレーメンは現実で大活躍のデ・ブルイネが復帰。


WS000105

攻撃陣が爆発し、ニュルンベルクを粉砕。いいですね、攻撃サッカーを求める理事会も大喜びです。


WS000106

2得点のアーロン・ハント。まだ26歳なんですね~。


WS000107

うっちーこと内田篤人が所属するシャルケと対戦。相手は5位。


WS000108

WS000109

WS000110

WS000111

右サイドコンビも危険ですが、なにより若手ホープのドラクスラーが注目選手。まだまだ若いのですが、最近のプレーからは凄みを感じるすばらしい選手。


WS000112

プレードルさんの空中戦能力は世界一イイイイ!シーズン二桁得点も夢じゃない・・・?


WS000113

でかい、強い、ヘディングうまいとセットプレーの的として文句なし。


WS000114

なぜか首位を走るHSVとの一戦。堅守が光ります。


WS000115

WS000116

WS000117

守備を支える中心選手たち。特にヴェスターマンは平均評価点が8に迫る勢い。


WS000118

守備軽すぎて試合中にいらいら。まあ自分の修正能力もないわけですが・・・w


WS000119

サクサクいきましょう。10月ラストはDFBポカールでのマインツ戦。リーグではドローでした。


WS000120

干していたエリアをはじめ、普段控えの選手を使ってみる。存分にアピールしてくださいな。


WS000121

カップ戦で延長負けって一番虚しいよね。コンディションがたがたの選手を見るとさらに虚しい。まあ、リーグ戦で使う面子は温存したからダメージは小さいだろうけど・・・。


WS000122

開幕からの試合結果一覧。何が恐ろしいって、無失点の試合が一度もないんですよね・・・。ハノーファー戦以外はすべて得点しているので理事会は喜んでいるんですけど、これじゃ上位は目指せない。でも守備的な戦術を取って成績良化しなければ首を飛ばされそうw

FM2013 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

asapetit

Author:asapetit
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。